名簿の買取販売業を知っていますか?

on 2017年1月18日 in 未分類

名簿の買取販売業を知っていますか?

面白い仕事やサービスを探していたのですが、今回も驚くべき内容の仕事を見つけたので、紹介していこうと思います。
どんな驚くべき内容の仕事かというと、見出しにもあるように、名簿の買取販売業というものです!みなさんは知っていますか?この仕事は、集めた個人情報を、しっかりとしたデータとしてまとめる仕事なのです!そこで、おや?と思った人も多いのでは無いでしょうか。
そうです、個人情報を販売って話になると、ニュースで、よくやっている「個人情報流出事件」なんてものを思い浮かべる人もいると思われます。
個人情報を売るとか犯罪じゃ無いのか?って声が聞こえてきそうです。
そこで、私が調べてみたところ、最初から「個人情報を第三の機関に提供する」と表示しているところからは、売買しても法律上の問題は一切ないことが分かりました。
確かに、そういったフォームを私も見たことがあります。
みなさんも見たことがある人は多いかと思われます。
そういったことで、今回は、このあまり聞いたことがない、名簿の買取販売業に関しての紹介をしていきたいと思います!

しっかりとまとめてから名簿は販売されています

今回は、名簿の買取販売業に関しての紹介をしています。
この仕事では、卒業アルバムや名刺からの情報も買取っているようです。
どんな情報を買取っているのかと調べてみたところ、発行されてから5年以上経っている名簿などを買取っているようでした。
もちろん、盗んだものや不正に所得している情報は、当たり前ですが、購入してはもらえないといった感じです。
その買取った情報は、会社でしっかりとまとめられ、データベースとして残されます。
そこで、入力精度が重要になり、データ入力のプロフェッショナルが、入力をしているとのことでした。
同じ名前や、同じ住所でも、ひらがなが使われていたり、住所に大字(おおあざ)を付けているものと、そうでないものもあります。
みなさんも、いつも同じ記載はしていないと思います。
そういったものを、正確にひとつのデータとしてまとめる仕事をしているのです。
他にも、5年以上前となると、既に電話番号が変わっていたりすることも多いみたいです。
そこで、記載されている電話番号が実際に使えるかどうかも、特殊な装置を使ってチェックをしているようです。
使われていない電話番号は削除するといった感じです。
そうすることで、やっと、名簿を企業に販売できるようになるとのことでした。

テレアポにも貢献している名簿の買取販売業

私が調べた、名簿の買取販売業の情報では、他にもテレアポの業界にも貢献しているようでした。
テレアポと言えば、やはりクレームを言ってくる人がいるそうです。
しかも、中には何度もしつこい人もいるとのことです。
そういった人は、お客様ではなく単なるクレーマーということになります。
その場合は、自動でデータから削除するシステムが必要になるとありました。
それから、お客様に折り返して再度電話をする場合があるみたいで、その際に電話番号を間違えないようなシステムが必要なんだそうです。
間違い電話は、確かに困るものですよね。
そして、電話での内容の結果を集計したり、データとして自動にまとめることができるシステムも販売しているとのことでした。
それから、やはり名簿を購入したいけど、「どこから情報を調べた?」といったクレームに関しては気になるものですよね。
そういったクレームに関しても、名簿の買取販売業で引き受けてくれるサービスをしているようです。
同級生の名簿を販売している業者を利用してみた
なお、5000件以上の個人情報を持っている場合には、自動的に個人情報取扱事業者となるようなので、個人事業主の方は注意が必要になるそうです。
こういったことが、名簿の買取販売業の仕事内容になります。
珍しいと思ったので、みなさんにも知ってもらいたいと思い、今回は紹介させていただきました。