機械に必要なロールを作る日本ロール製造の機械ロール事業部

on 2016年12月21日 in 未分類

機械に必要なロールを作る日本ロール製造の機械ロール事業部

日本ロール製造株式会社の事業の1つでもある機械ロール事業部では、加工機械を稼働させるために欠かせないロールを製造しています。
この企業でよく製造されるロールには鋳鉄ロールを中心に、高合金ロールや遠心力鋳造ロールなど様々な種類のロールが挙げられます。
ロールの製造の際にはドイツ製の大型研磨機を導入してロール精度を上げることで、製造する機械の仕上がりがより高品質になるように取り組んでいます。
機械ロール事業部で製造されたロールは主に合成皮革やビニールシートなどを製造するプラスチック加工機械、タイヤなどといったゴムを製造するために使用されているゴム機械や二次電池加工機械などに組み込まれています。
そしてこれらの加工機械は日本国内だけでなく、アメリカや東南アジアなど世界各国に提供されています。
加えて日本ロール製造株式会社では現在扱っているゴムやプラスチック以外に、新しい素材の開発にも力を入れていることが特徴です。

日本ロール製造のテーロン建材事業部について

ここでは日本ロール製造株式会社のテーロン建材事業部のサービス内容と商品についてお話したいと思います。
テーロン建材事業部は東京と千葉県の2か所に営業所を置き、工事に使用する資材を提供しています。
豊富な実績とネットワークによって数多くの種類の資材を取り揃えていることから、お客様の要望に応じた資材の提供が可能になっています。
そして取り扱っている商品について点検蓋と塩ビ製・ゴム製止水板を例に挙げて説明していきます。
まず点検蓋ですが、鉄製の蓋と比較すると軽量であるため持ち運びしやすくなっています。
加えて切断や穴あけ加工、表面処理など作業がしやすい造りになっていることも特徴です。
そして塩ビ製・ゴム製止水板は独特な形状が特徴で、コンクリートに設置することで止水効果を得られます。
また日本ロール製造株式会社が提供している止水板は空気や水中の酸素、アルカリなど様々な物質への耐性を持っているため、漏水対策にも便利です。

パイプ事業部も使用しやすい商品を提供する日本ロール製造

上下水道に欠かせないパイプを製造・販売していることも日本ロール製造株式会社の特徴です。
そこで今回は仙台の営業所を中心に硬質塩化ビニル管やポリエチレン管、付属品の製造・販売を行うパイプ事業部から販売されている商品であるさや管・保孔管の特徴を紹介します。
このパイプの製造には施工しやすいステップロック構造を採用しているという点に加えて、粘土層での作業がスムーズに行いやすい抜け防止タイプに仕上げられていることが主な特徴です。
日本ロール製造について詳しく知るには
また取り付け作業では滑剤を使用するものがほとんどであるため、より正確かつ効率的な施工の実現につなげるだけでなく施工時にかかるコストを少なく抑えることも可能になります。
ここで紹介したさや管・保孔管の他にも日本ロール製造株式会社のパイプ事業部では様々な種類のパイプを取り扱っており、軽量のパイプや耐食性があるなど作業のしやすさに加えて様々な機能を兼ね備えたパイプを選べるようになっています。