介護を必要とする人には大切な施設のテーブル

on 2016年12月15日 in 未分類

介護を必要とする人には大切な施設のテーブル

この時代、お年寄りの割合がぐんと増え、介護施設の役割もいっそう重要となってきています。
テーブルなどを作って納めるという、基本的な家具屋の考え方だけでは、介護施設のような特別な場所での商売ができず、専門性が求められます。
仕事をお金のためと割り切ってするという考え方では、苦労が多いため、長く続かないことになりかねません。
やはり、対人間の仕事ということで、その人の気持ちに寄り添う必要があります。
寄り添うというのは、その人の気持ちになって考えるということ。
それができなければ、この類の仕事に就くことは難しいとも言えます。
もちろん、それ用の家具を作るという仕事も、そこに生活する人の気持ちになって初めて、どんな機能が必要か、どの高さが便利か、この家具によって怪我をしたりしないだろうか、と、いろいろなシチュエーションを頭に浮かべてみることができるのです。
一旦、介護施設に関わる仕事に就いたなら、徹底的に、自分より弱者、自分より不利な立場の人たちの気持ちになって考えてみることが大切です。
テーブルひとつ、椅子ひとつ、その人たちの明日を支える大切なパーツとなるのですから。