介護施設のテーブルを製造する会社とは

on 2016年12月15日 in 未分類

介護施設のテーブルを製造する会社とは

介護施設のテーブルを含めた家具を製造、販売している会社というのは、通常の家具を提供するということから、もう一歩踏み込んで、いかに入居者が使いやすく、しかも安全であるかということを考えなくてはなりません。
もちろん、納入先の施設が、障がい者がおられるのか、お年寄りがおられるのか、それだけでも考え方が違ってきます。
もちろん施設側のリクエストに合わせてオリジナルの家具を作ることも可能ですが、まず、そこにマッチした家具のレイアウトのプランなども提案しています。
新規参入の場合は、ノウハウから知りたいと言われる場合もないとも言えません。
そんな時に、しっかりと空間提案ができると次の仕事にも繋がる信頼関係が生まれます。
コーディネートの提案は、レイアウトに留まらず、カラーの提案、カーテンからファブリック、壁に飾るアートやグリーン、照明、音楽、香りや、空調に関する提案に至るあらゆることに及びます。

単に介護施設にテーブルなどの家具を納入するだけが家具の業者の役割ではないのですね。