京都きもの友禅の社員には着物が支給されます

on 2016年10月27日 in 未分類

京都きもの友禅の社員には着物が支給されます

とても綺麗な着物が多く摂り揃っているのが京都きもの友禅です。
中でも社員には、毎年新年になると着物で出社するように義務付けされており、入社すると必ず自分に似合う着物を支給されます。
多くは女性が中心の社内になっているので、新年になるととても華やかになります。
決まって取材に来る所もあるので、ついでに新作の着物も宣伝したりしています。
ですが、着物は年齢によって似合う色も出て来るものでもありますので、年齢を重ねる事に落ち着いた色合いになってきます。
若い内は、派手な色彩のものが中心となりますが、年配者も多く勤務している為に、年齢層がはっきりと分かると言います。
もし私が着るとすればどんな着物が合うのでしょうか?前に着物を着た時には、淡いピンクの着物を来たので私もそんなに若くないのだなと思いました。
ですが、子供が選んでくれた色だったので写真を見る度に、良い色だなと思っています。
京都きもの友禅では多くの振り袖もあり毎年多くの新作が発表されています。

振り袖のモデルも募集している京都きもの友禅

振り袖は成人式で着る事が多いと思います。
その為、京都きもの友禅では毎年多くの振り袖のモデルを募集して写真を撮影してカタログに載せています。
通常はショールームに来た人に頼む事が多いのですが、最近ではアルバイトとして募集するようにしました。
期間も短期になるので、多くの学生の人気のアルバイトになっています。
一度に大量の人数の募集をするので、友達同士で着物を着る事もあるみたいです。
採用された場合には、京都きものにあるスタジオで撮影する事になります。
いくつかのチームに分かれての撮影になるので、日にちが分かれていて待たされる時間も少なくなるので、授業の合間に出来るみたいです。
仕事内容の説明も行っているので、興味があれば見学する事も出来ます。
モデルで京都きもの友禅に来た人が学校を卒業してそのまま就職する事も多くあり、若い人が着物にとても大きな関心がある事が分かりました。
これから着やすい着物の開発も進めていくようで近い内に気軽に着られるものになると思います。

着物のセミナーも行っているのが京都きもの友禅です

休日を利用して海外の人向けや学生に着物についてもセミナーも開催しているのが京都きもの友禅です。
販売だけではなく、より多くの人に着物の素晴らしさを伝える為に開催されるようになりました。
特に、海外では着物や浴衣と言うのはとても人気が高く多くの旅行者が日本に来た際には、自分用に購入するのが多いと言います。
男性用の着物や浴衣も京都きもの友禅では取り扱っており、サイズも海外サイズで作るようになりました。
自分の好きな生地でオーダー出来るものもあり多くの人達から注目を集めています。
セミナーでは着物についての歴史や素材についての詳しい説明も行っています。
生地の柄についてや染料についても細かく丁寧に説明しています。
海外の人向けのセミナーでは参加した人に自分の国の言語で翻訳出来るヘッドホンを着用させて、日本語でスピーチしています。

京都きもの友禅でも最近になって英語の研修も行われるようになり、みんな英語の勉強を行って話せるように努力しています。