チラシ印刷はどこまで激安になるのか

on 2016年9月14日 in 未分類

チラシ印刷はどこまで激安になるのか

普段なにげなく目にするチラシ印刷。
最近では激安をうたう会社も多いようです。
コンサートホールやライブハウスなどに生演奏を見に行くと必ずもらうのがフライヤーでしょう。
そこでフライヤーを配るということはそのライブやコンサートに関係がある団体やバンドのイベントであり、そこにやってくる人もそれに興味がある人がくるわけですから、インターネットを使った宣伝の効果よりはるかに高いパフォーマンスが期待できるわけです。
とはいえ、実際にもらってみるとわかるのですが、色や形や大きさがバラバラで、硬さや厚さといった紙質も異なるものが非常に多いのです。
むしろそのバラエティの豊富さに驚いてしまうくらいですが、そこで気になるのは、実際にチラシ印刷をするとなるとどこまで値段を安くすることができるのか、ということです。
ネットで検索すると激安の文字が出てくることからわかるように、値段もかなり多種多様なようで、それにはさまざまな理由があるようです。

こだわりのチラシ印刷を激安で

激安のチラシ印刷を行うためには、実際に業者に依頼するのに何が必要になるでしょうか。
そもそも印刷会社に仕事を依頼する場合には、基本的におよそ次のような流れになると思われます。
まず印刷したいデータを印刷会社に送ります。
そして、チラシのサイズと紙質を決めます。
次に出力されたサンプルを確認して、訂正があれば訂正を指示しますし、問題がなければ印刷開始という流れです。
印刷物であるために実際のものを確認する対面であることが多いので店舗に行って実際に確認するか外回りの営業さんのアポが早く取れるかによって仕上がりや納品の日程がなかなか異なります。
それに比べて激安の店舗は、ネットでのやり取りが中心となるために、例えば実際に出来上がったものをみて、紙質によって発色が異なってしまい想像していたものと違かった、という失敗が起きる可能性もあります。
ネット上でのチラシ印刷はそういう落とし穴がありますが、多くの問題はやり取りするデータをしっかりしておけば解決できます。

激安で高品質のチラシ印刷をするには

チラシ印刷を激安にするかどうかは、納期と支払いによって異なってきます。
最近では注文から24時間以内に納品するということを売りにする会社もあるようです。
シンプルに考えれば、大きなチラシを大量に印刷すれば、印刷会社は紙を大量に仕入れる必要があり、また一枚の印刷にかかる時間も長くなるために、納期は遅れますし料金も高くなります。
しかし、小さな紙を少ない枚数で印刷する場合は、納期は早いですが、料金がかかります。
もちろん安いからといって大量に印刷することはこちらで在庫を抱え込むことになってしまうので考えるべきでしょう。
激安なチラシ印刷を探す
チラシ印刷の枚数も決まっているならば、激安にするためにデザインをお見せに任せるというのもありでしょう。
印刷会社が決めているフォーマットにしたがってチラシを作成すれば、データのやり取りでミスが発生することもありませんし、確実な仕上がりを想定することもできるでしょう。
印刷会社のなかにはデザイン性の高いフォーマットを用意しているところもあります。