真の幸せとは何かを解く念仏宗

on 2016年9月7日 in 未分類

真の幸せとは何かを解く念仏宗

人間の真の幸せとは一体なんでしょうか。
釈迦の言葉で言うと真の幸せと言うのは大涅槃にあたるとの事です。
その大涅槃に近づく為に念仏宗では徳を積む様にと教えます。
その徳を積む方法に関してですが、自分を始めとする友人や家族、環境や社会に感謝をする事で良いと言われています。
要約すると、感謝をするだけで幸せになれるという事なのです。
日本人は小さな頃から「良い事をされたらお礼を言いなさい。
」「出来る限りで良いので人に感謝される事をしなさい。
」と言われる事が多々あります。
もしかするとこれも仏教に通ずるものがあるのかも知れません。
少しずつでかまわないので確実に徳を積む事で、その人が人生を全うする時に大涅槃に入る事が出来るのです。
これらについて更に詳しく知りたいという場合は念仏宗の総本山を訪ねると良いでしょう。
美しい景色や人間国宝によって作られた建物がありますし、釈迦の教えを肌を持って感じる事が出来る場所なのでお勧めです。