東京の高級賃貸について調べてみた

on 2016年9月5日 in 未分類

東京の高級賃貸について調べてみた

東京の高級賃貸というと、まずイメージするのは都心部の賃貸物件ではないでしょうか。
とはいえ、都心部の地理に詳しい人でも住所をパッと言われたところではそこがどういうところなのかわかることは難しいでしょう。
ここで高級という意味は、家賃の相場が月15万円以上であるとか、デザイナーズ物件であるとか、そういうニュアンスが含まれていると考えていいでしょう。
最近では、かなりバリエーションが増えてきました。
物件によっては、いわずもがなのタワーマンション、ジム付き物件、コンシェルジェ待機あるいはフロントサービス付きの物件などが、高級賃貸の条件として加わるようになってきました。
他にも家具付きや外国人向けの物件なども、東京の都心部で物件で増えているようです。
検索サイトを見てみると、賃料や間取りなどから検索ができるようになっており、ユーザーのニーズをうまく汲み上げながら、サイトの有用性を上げようと努力しているようです。

高級賃貸は東京のどのエリアに多いか

多種多様なバリエーションがあるのは、東京の高級賃貸の特徴です。
しかし、どのエリアにそういう物件が集中しているかを知るために注目するべきは、物件の賃貸料金です。
麻生十番や赤坂・六本木といった戦後に開発され外国人や芸能人が多く集まるこのエリアの平均賃料が都内では最も高くなっています。
続いて渋谷、恵比寿、白金・高輪、品川・大崎が続きます。
江戸時代から大名屋敷や財閥の豪邸、そして大企業の社長宅が集合するエリアで、六本木や麻布のような派手さはないものの、格式の高い街並みと言えるでしょう。
東京の高級賃貸の代名詞のようなイメージを持たれがちなベイエリアのタワーマンションの賃料は、こうしたエリアと比べると最も低くなっています。

しかし、都心部の夜景を見渡せるタワーマンションの上層階などは魅力的で、ライフスタイルのクオリティ・ステージを一段上げてくれること間違いないでしょう。
もしこのエリアに希望する物件が見つかったら検討してみるのもよいのではないでしょうか。