日本ロール製造のテーロンパイプ

on 2016年8月23日 in 未分類

日本ロール製造のテーロンパイプ

日本ロール製造は、機械ロール以外に上下水道で使用されるパイプの製造も手掛けています。
特に上下水道では必須となる硬質塩化ビニル管やポリエチレン管(通称テーロンパイプ)、そのほか各付属品を展開。
種類も豊富にあるので、さまざまな環境で用途に合わせた配管システムの構築が実現できます。
品質面では日本工業規格及び日本下水道協会の認定を受けた工場で生産していることから、万全の品質管理を可能にしています。
認定を受けた工場では、さまざまな条件によって定められた品質を担保するための工程を確保。
その条件下で世の中に送り出される製品は「テーロンパイプ」という日本ロール製造のブランドとして知られています。
テーロンパイプは、強度、耐久性、耐薬品性、水理特性、作業特性の点で優れているのが特徴。
上下水道をはじめ、建物など広範囲の分野で利用されています。
日本ロール製造の配管システムは今後もより環境に適応しやすい製品になっていくことでしょう。