日本ロール製造が可能にする厚みを均一にすることの重要性

on 2016年8月23日 in 未分類

日本ロール製造が可能にする厚みを均一にすることの重要性

日本ロール製造が作る圧延の機械は、大型の機械です。
中でも最も重要な部分がロール。
素材の圧延を行うロール本体はできる限り素材を均一にできるよう、高品質で高精度が要求されます。
例えば、合成皮革やビニールシートは均一の厚みで大量に製造されています。
この際、均一の厚みを出すのに使われているのがローラーです。
しかし、この分野における専門企業はごくわずか。
少ない競合の中でも高い技術力と品質を提供していることから、世界でも高く評価されています。
条件に合わせた特殊な機械になるので、1つの機械を作るのに、金額で数億円〜数十億円。
完成までには1年近くかかることも。
東京・江戸川区の本社には、工場を併設。
4000平米を超える広大な敷地内では、圧延プラントを製造する「機械ロール事業部」、建築資材全般を販売する「テーロン建材部」、そして塩化ビニル管・ポリエチレン管などを含めたパイプを販売する「パイプ事業部」があります。
日本ロール製造が持つ、高い技術力が会社そのものを支えています。