ハムやソーセージを販売するハンナン

on 2016年8月10日 in 未分類

ハムやソーセージを販売するハンナン

日本には、食肉産業を支えるハンナンという企業があります。
主に、ハムやソーセージなどの加工色品を製造・販売しています。
私たちがスーパーへ行くと必ずハムやソーセージを目にしますよね。
このような食肉加工品や食肉を扱っている会社なのです。
扱っている原料は四つあります。
一つ目は輸入牛肉です。
オーストラリアとアメリカから輸入している牛肉です。
二つ目は国産牛です。
北海道や九州で作られた牛肉が多いようです。
三つ目は輸入豚肉です。
そして、四つ目は国産豚肉です。
このように、原料は牛肉と豚肉で、輸入と国産の両方を扱っていることがわかります。
また、製品ではハムとソーセージの製造、販売をしています。
食肉と聞くと難しい感じがしますが、牛肉や豚肉、加工食品を輸入したり、製造したり、販売したりしているのだと知ると、とても親近感が湧きますよね。
日々口にしているものたちは、ハンナンのような会社があることでなりたっているのです。

多くのグループ会社を持つハンナングループ

ハンナングループは多くのグループ会社を抱えています。
それらの事業内容は大きく五つに分かれています。
まず一つ目は販売事業本部です。
北海道、東北、北関東、東海、中四国、九州、東京、名古屋に会社を構えています。
二つ目は加工事業本部です。
加工事業は主に商品作りを担当しています。
北海道、茨城、岐阜、大阪、広島、愛媛、熊本など全国13箇所に食肉製造加工工場を保有し、食肉加工、冷凍食品加工、高級ハムソーセージの製造を行い、販売をしています。
三つ目は国産事業本部です。
国産事業本部は北海道の国産牛を専門に扱っています生産から集荷、製品加工、販売までのプロセスを全て行っているそうです。
四つ目は海外事業部です。
アメリカ、オーストラリアから輸入し、日本や韓国などへ食肉の輸出を行っている事業部です。
また、アメリカでは食肉の販売やレストランや外食向けの食肉加工品の製造販売も行っているそうです。
五つ目は管理本部です。
管理本部はグループ経営を管理の面からサポートしているところです。
会社では、みながそれぞれ輸入、製造、販売、輸出を行っている訳ではありません。
誰かが一歩引いたところから管理することで安全な食肉や食肉加工品を提供することができるのです。
このようにハンナングループは五つの事業内容を多くのグループ会社とともに行っているのです。

ハンナンの採用情報とは?

ハムやソーセージなどの加工食品を製造・販売しているハンナンは新卒採用を行っているそうです。
本社は大阪にありますが、東京にもオフィスがあります。
地方にもあるので、故郷で働きたいという方にも合うかもしれません。
また、アメリカやカナダ、オーストラリア、中国、韓国などにも広がっており、グローバル的に働くことができるようです。
最近はグローバルに働きたいという学生が数多くいますよね。
国や大学がグローバル化に力を入れているからかもしれません。
それに、中学校から長年勉強していた英語を活かせるというのも魅力ですよね。
せっかく時間をかけて習得してきたものは、使わなければもったいないです。
国内にとどまらず、新たなシェアを獲得するために、あなたの英語力を活かして世界に日本の産業を輸出できる機会があるかもしれません。

また、同時に中途採用もしています。
日本や世界の食肉産業を支えたい方はハンナングループへの就職を考えてみるのも良いかもしれませんね。