どうやって創業融資は進むのか

on 2016年6月30日 in 未分類

どうやって創業融資は進むのか

では、その創業融資はどのようにして受けることが出来るのでしょうか。
融資を受けるにあたって、まず最初にしなければならないのは、創業計画書と資金繰り表の作成です。
これを公庫、または金融機関に提出することが申し込みになります。
申し込みの後には審査面談と呼ばれるものが待っています。
これは、融資を実行するか否か、補償することが出来るか否か、を融資をする機関と社長が面談を行って検討することを言います。
申し込みから審査面談の終了までは、大体一週間かかります。
それを突破すると、次には現地調査が待っています。
現地調査は、本当にビジネスを行う準備が出来ているのかどうかを、直接調べる事を言います。
現地調査が済んで認められると、いよいよ融資が実行されます。
現地調査から融資実行までは大体一週間かかります。
ということは、創業融資の申し込みをしてから、実際にその融資を受けられるまでには大体一カ月ほどかかるということですね。