念仏宗で感謝の気持ちを持とう

on 2016年6月6日 in 未分類

念仏宗で感謝の気持ちを持とう

皆さんはきちんと感謝の気持ちを持って生活をしていますか。
念仏宗では、生きる時は常にその心を持って生活しなくてはいけないと教えています。
改めて人に感謝の気持ちを言うのは、少し恥ずかしいかもしれませんね。
ですから、普段は心の中に潜めたままになっている人も多く見られます。
ですが、それではいけません。
いつ相手がいなくなるかわからないので、その前に日頃から感じている気持ちを伝える意識を持ってください。
急に相手がいなくなった時に、もっと自分の気持ちを素直に伝えていれば良かった、と後悔することの無いようにしてください。
いつも伝えることを習慣にしていれば、感謝の言葉を言い忘れることも無いでしょう。
声に出すのに抵抗を感じる人は、手紙やメールでも構いません。
念仏宗に入信している人の話を聞いてみる
気持ちを文字に変えて、相手に伝える方法も良いでしょう。
特にメールは手軽な方法なのでおすすめです。
念仏宗の教えを時々思い出して、自分の気持ちを素直に伝えるようにしましょう。