大阪での不動産投資の魅力

on 2016年4月20日 in 未分類

大阪での不動産投資の魅力

政府の政策の一つに「地方創生」がある。
東京一極集中ではない、日本全体を考えた政策だと取れる。
省庁も移転することが決まっており、京都に文化庁が移る。
大阪にとっても驚きだったかもしれない。
京都は近いからこの大阪も影響を多大に受けると思うからだ。
不動産投資にとっても、このニュースは十分関係の有るニュースだと思われる。
東京だけの色んな事柄においての一極集中の時代は終わるのかもしれない。
何もかも東京だという時代はもう時代遅れなのかもしれない。
これからは地方が活気あるものへと移り変わる。
そう思えることの出来事の一つである。
人口減社会と高齢社会となった日本にとってこの方向転換は正しいのか誤りなのかまだ結果は先だ。
その前に混迷の時代が来ることは確実だ。

その中で安定した収入の得られる、「不動産投資」という言葉が私は目に付く。
賃貸などの毎月の家賃収入は魅力あるものだ。
株や債権とは違い、現物資産である為に資産価値がなくなることも無い。
従って長期に亘って安定した収入源となる。