レーザ微細加工はどんな技術

on 2016年3月23日 in 未分類

レーザ微細加工はどんな技術

レーザー光を照射して、材料を切断、穴あけなどをする加工技術でレーザーカッターや彫刻機があります。
こんなのもレーザー加工なのと思う物もあります塗装剥離、表面層剥離等もあるのですね。
この技術を使っていろいろな表面を彫刻のように加工した製品を目にすることが出来ます。
でもこれは普通の加工でレーザ微細加工とはそれよりもっと細かい加工する事です。
極端に言うと顕微鏡で見ないと分からないような細工をする事と思った方がいいでしょう。
レーザーでの加工の種類は切断、穴あけ、マーキングだけでなく溶接、ろう付け、焼入れなども出来るのです。

なぜレーザーで溶接や焼入れが出来るのか、細かい原理は別にしてレーザーの熱で切断することを考えれば少し出力方法を変えれば当然の事かも知れません。
そんなレーザーを利用して小さな物を加工する技術の研究が進み、目に見えないほどの細かいレーザ微細加工が出来るようになり、パソコンやデジカメなどの精密機器がその恩恵を受けています。